忍者ブログ

必勝の方法

『ペンタゴン攻略2』確率論とホルコン理論の融合書


現代のパチンコ・・・
1つのパチンコ攻略理論だけで勝てるほど簡単だと思いますか?
パチンコなんて『運』なのだから、理論なんて関係ない。
一番簡単なのは、あきらめること。パチンコで勝つか負けるか、それはあなた次第です。

パチンコを攻略しようとして・・・・
「ボーダー理論」「波グラフ理論」「ホルコン理論」「確率論」etc... 様々なパチンコ理論が存在します。

いったいどの理論が正しいのでしょうか?
パチンコ攻略としての「ボーダー理論」
・・・1000円辺りの抽選回数が増えることにより、大当たりする期待値が増えるというもの。釘の良い台をひたすら多く回すことで、大当たりを狙っていくという理論。
パチンコ攻略としての「波グラフ理論」
・・・台そのものの波が上がってきている時に狙ったり、波が下がってくると避けるといった理論。
それぞれの理論には、それなりの理由があって論じています。
きちんと理解や検証もすることなく、批判をしている人もいます。
確かに、何となく・・・で、理論付けている人もいますし、全てが正しいとは言いきれません。
しかし、私は、全てのパチンコ理論が間違っているとは思いません!
良いとされるから論じられている訳ですし、何の根拠もなければ、評価もされないでしょうし、噂にもならないでしょう。


パチンコの確率は作られたものである
「確率論」 を、誤解されている方がいらっしゃいます。
ミドルスペック台の大当たり確率は、約1/300です。
「1/300の確率は、常に1/300なのだから狙えない」という意見です。
確かに、おっしゃる通りです。
毎回の抽選ですので、次の回転数が狙えるというものではありません。

しかし、
私が説いている「確率論」は、「確率の収束論」のことなのです。
確率の収束は、幾多の検証により、そのものが持つ確率に近付いていくというものです。
通常の確率で考えますと、1/300を狙うのは難しくなります。
ですが、相手は「パチンコ台」です。
パチンコには、ある『決まり』があります。
保通協といわれる機関の検査を、クリアーしないといけないのです。
指定された「確率やスペック」で、稼働する必要があるのです。

ですから、
ある一定期間・一定台で、大当たり確率が収束しないと、この保通協の検査は、クリアーできないのです。

「確率が収束している」ということは、例えば、1/100の確率の台は、1/300の確率になろうとします。
1/500の確率の台も、1/300の確率になろうとします。
パチンコにおいて、大当たり確率1/500は、悪い状態です。
その台が、1/300の確率に向かうと、少ないスタート回転数で当たります。
これが、『良い波の台』ということになります。

大当たり確率が収束する傾向を見つけることができれば、良い波を狙っていけるということです。

このことから、
波理論と確率論は、類似している部分があるということです。
ボーダー理論もそうです。
釘の良い台を探し、数値(期待値等)を割り出して打っていく。
よくよく考えますと、ボーダー理論と確率論も似ている部分があるのです。

そして、今回のパチンコ攻略「ペンタゴン攻略2」で、特に力を入れた内容
それは、ホルコン理論です。


早速「ペンタゴン攻略2」読ませていただきました!
Myホールも、昨年ホルコン色が強くなりあまり勝てなくなってました。
蒲生さんのブログを参考にして、ようやく勝てるようになって来ていたのですが、
今一つ不安で台選びに自信が持てずにいました。
でも「ペンタゴン攻略2」を読み、霧がかかっていた部分が晴れたような気がします。

本日午後2時ごろ、Myホールに実践に行ってまいりました!
Myホールは○○○の場合は、翌日も早い台を結構見かけるので、○○○の台を狙ってみました。(先週土曜日にこの台選び方法で牙狼FINALを1000円で4連しました)

選んだ台はベルセルク!
前日の大当たり25回、確率1/77、最終回転数72回転の台。
既に20回転くらい回している台でした。

しかも、ちょうど選んだ台の○○区切りの○○が連荘中!
最初の1000円、リーチもかからず何も変化なし。
1500円目から保留変化が頻発し出し2000円目、緑保留からいきなりPフラッシュ!
58回転目でした。
3連目が終わった時点で、連荘中だった○○の台が連荘終了。

「ヤバイかな?」と思ってたら案の定こちらも4連目に突通をひいて終了してしまいました。
4連荘(実質3連)で終了してしまいましたが納得のいく結果でホッとしました。
2000円で17000円、15000円の+収支!
実はベルセルクは初打ち!
初打ちで初勝利でした!

まだたった1回の実践ですが、
「ペンタゴン攻略2」!
納得のいく仕上がりだと思います!

この内容、大満足してます!

>>> 『ペンタゴン攻略2』確率論とホルコン理論の融合書

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R